娘の雰囲気と容貌はというと

医学博士・橋寺氏と蒔岡家の三女・雪子の縁談。義兄の貞之助は、橋寺氏の自宅まで訪問しますが、肝心の結婚話は盛り上がりません。

しかし帰りかけた貞之助を、橋寺氏は昼食に招きます。氏のひとり娘も同席した、高級レストラン・アラスカで、貞之助が受けた印象はというと…

娘は悦子より
三つ年上の
十四歳と云うことで、


「悦子」とは貞之助の娘のこと、

悦子に比べると
物言いなども
ずっと落ち着いて
大人びていたが、

それは一つには
顔だちから来る感じ
のせいもあったろう。

と云うのは、
女学校の制服を着て、
おしろい気のない顔を
しているけれども、


ノーメイクのまだ中学生です。けれども…

既に少女型でなく、
面長の、鼻筋の通った、
引き締まった
成人型なのであった。


すでに大人びた顔立ちをしているようです。

4937200_s

先妻の様子が偲ばれて

さらに貞之助はこう感じます。

そして橋寺に少しも
似ていないところを見ると、
母親似に相違なく、

母が相当の美貌
であったことも、

橋寺が
この少女に依って

今は亡き
恋女房の面影を
偲びつつあることも、

ほぼ想察することができた。 

再婚となる橋寺氏としては、残されたひとり娘と、雪子との相性が気になるのは当然のこと。

雪子が姪の「悦子」をかわいがっていることは、大いにプラスに働きそうです。

※小説の引用は『細雪(下)』新潮文庫からです。



再婚となる橋寺氏の関心事は、娘と義母となる女性の相性です

サンマリHPはこちらから